本文へスキップ

元祖オムライスの店

オムライスはおいしさとやさしさを包んだ料理です。

ひとつひとつ真心を込めて出来立てをご提供いたします。

会社概要about us

会社案内

社名 北極星産業株式会社
本社 〒542-0076 大阪市中央区難波3丁目5番17号
電話番号 06-6632-1591
FAX番号 06-6632-1593 
創業 大正 11年4月
代表取締役 北橋 茂登志
資本金 2千万
取引銀行 近畿大阪銀行(難波支店),北國銀行(大阪支店)
三井住友銀行(難波支店),関西アーバン銀行(本店)
支店営業所 北極星ビル,北極星モータープール
心斎橋本店,堀江店,エキマルシェ大阪店
エキマルシェ新大阪店 ららぽーとEXPOCITY店
泉北店,淀屋橋店,難波店,天保山店, 阪急茨木店
梅田店,京都 祇園店,やわらぎの郷店
関連会社 幸星フーズ株式会社
業務内容 飲食業,貸ビル業

会社経歴

大正11年 パンヤの食堂を創業(個人) 
昭和6年 合名会社に組織変更 
昭和19年 商号を北極星産業合名会社に変更
府下23ヶ所に支店を開設していたが
第2次世界大戦で本店のみを残して各支店全焼
昭和24年 難波(現本社所在地)にて食堂業再開 
昭和41年2月 代表社員 北橋茂男 死亡
長男 北橋茂登志 代表社員就任 
昭和46年8月 本店 店舗(5階建て)建て替え により解体
昭和47年11月 北極星産業合名会社と株式会社ポールスター合併 
社名 北極星産業株式会社に変更
代表取締役 北橋茂登志 就任
資本金 2千万円

創業と社名の由来

当社は、洋食店の草分けとして大正から昭和、平成の
3代にわたり皆様からご愛顧をいただいております。
先代、北橋 茂男がなにわ筋汐見橋停留所前に
1号店を出店しました。
現在の大阪市浪速区になります。
当初は、「
パンヤの食堂」という屋号でした。
先代は神戸屋パンの前身の神埼屋で働いており、
洋食屋とパン屋を併設していたからです。
トンカツもカレーもなんでも10銭!
ホテルの朝食の10分の1で洋食が味わえる、
今のファミリーレストランのようなものでした。
当時は、素うどんや銭湯が10銭でした。ホテルの朝食は1円。
スエヒロのステーキは80銭だったようです。

北極星という社名は永井柳太郎氏
(衆議院議員、元文部大臣永井道雄氏の父)により、
昭和11年(1936)に命名されました。
彼の「
生活の道しるべせよ北極の天に輝く明星の如く
という言葉から取っています。